無宗教葬という形を取りたいと思います

無宗教葬という形を取りたいと思います

お葬式の話となると少し暗い感じであるのですが自分の葬儀はどんな形にしてもらいたいか考えることはないでしょうか。

自分の場合は無宗教葬というものにとても興味を持っています。音楽関係の仕事をしているということもあって自分は音楽で最期を迎えたいと思います。だから無宗教葬で自分のことを見送ってほしいと思うのです。

気の早い話ですが遺言として無宗教葬を行なって欲しいと家族には伝えています。それを本気で考えているかはわかりません。自分は無宗教であるので無宗教葬という形を選択してもなんの問題もありません。だからこそ生前から伝えているのであります。

自分の無宗教葬のシュミレーションをしてみました。どの曲を使用するかなど考えていると意外と真剣になれるものです。

団体葬など規模が大きくなったような無宗教葬について

そういったものを利用しますと、音響などのちょっとした設備があれば無宗教葬ができますので特に大きな問題はないでしょう。
一方で団体葬などの規模が大きくなった無宗教葬ですが、音楽テープらCD以外の方法で音楽を流すこともあります。

無宗教葬として葬儀が行える場所も限られてきてしまうのですが、いわゆる管弦楽団や合唱団が来るようなこともあります。

かなり大規模なものになる可能性もありますので、それなりの会場でなければ無宗教葬ができなくなるわけです。
無宗教葬は規模によってできる場所に違いが出てくるということは、事前にしっかりと確認しておくべきでしょう。
葬儀について



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar