法的相続-1

法的相続-1

葬儀後に遺族がやらなければいけないこととは
法的相続について編

法的相続についてみていきたいと思います。

故人が亡くなった時に、故人が所有している物は相続の対象になります。 ですが、その中でも、相続税の課税対象になるものと、相続税の課税対象にならないものが あります。相続税の課税の対象になるものは、相続または遺贈により習得される 財産になります。

詳しく礼を挙げてみていきたいと思います。

▼相続税の課税対象になるもの
相続税の課税対象になるものというのは、ざっくばらんに言って、 金銭に見積もることができるものと言うことになります。 つまり、換金性があり、お金の価値としてそのモノの尺度を計れるものですね。 詳しくは下記のようなものになります。

土地、家、株式、投資信託、貴金属、宝飾、車、不動産、骨董品、預貯金  などになります。 また、民法上では相続財産にはなりませんが、みなし相続財産として、課税対象になるものが 存在します。 詳しくは下記のようなものになります。

生命保険受取金、退職手当金、損害保険金などになります。 ですが、生命保険受取金は死亡保険金の受取人が法定相続人の場合は、 法定相続人の人数×500万円は非課税になります。 た退職手当金もこれにならび、同じような計算式で非課税になります。

そして、もう一つ、相続税の対象になるのが、被相続人(故人)から受け取った3年以内の財産も 生前贈与として相続財産として、相続税の課税の対象となります。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar