無宗教葬-業者の選び方

無宗教葬-業者の選び方

無宗教葬に慣れている業者の選び方

近頃は無宗教式の葬儀への関心度も高まってきているせいか、最近の葬祭業者では無宗教葬を取り扱っているところがほとんどです。そんな中から、無宗教葬を行う場合にどんな業者を選べばいいのでしょうか。無宗教葬に限らず、どんな形式においても葬儀を行う場合、業者選びはとても重要なポイントですよね。

無宗教葬は決まった形式がないために、これは経験がものを言うことが多いようです。例えば、どんな葬儀をしたいか考えているイメージを伝えたときに、その意図を素早く汲み取ってこんなパターンができますよといった、遺族側のイメージに沿った提案をしてもらえるかどうかは大きな差に繋がりそうです。

遺族が気付かなかった部分の指摘やアドバイスができるのは、経験あってこそだと思います。やり直しのきかない葬儀において、不満が残る結果になることだけは避けたいものです。では無宗教葬の慣れた業者を選ぶときのポイントをお話ししたいと思います。

故人の希望で無宗教葬にしたいという遺言があっても、内容や進行、業者などなにも決められていなかった場合は、遺族が自分でホームページなどを使って探すことになりますね。

しかし、それ以外にも頼れる“葬儀に関する相談センター”などがあるのをご存知でしょうか。こういったところに相談すると、こんな葬儀がしたいのだけどと希望を伝えることで葬儀社を紹介してもらえるそうです。

相談は無料のところがほとんどで、気に入ったところがなければ別の相談センターに変更してもかまわないのだそうです。いくつか紹介してもらった中から候補が出てきたら、直接話を聞いてみて決定します。まずは遺族の話を丁寧に聞いて、不安点や疑問にも親身な対応をしてくれる姿勢があるかないかは基本ですね。

信頼度はここで決まってくるといっても過言ではないですし、遺族としてもあまり経験のない無宗教葬を行うに当たって、信頼感を寄せられなければずっと不安がつきまとうことにもなりかねません。

それから、葬儀をする土地の地域性に詳しい業者というのもポイントです。火葬場の事情や無宗教葬を行える葬儀場、はたまた地域の慣習なども知っているところだと、話の疎通が早い場合がありますね。そしてやはり金銭面も大切です。

葬儀の料金体系はとても不明確なことが多いです。見積もりはしてもらっていても終わってみればこんなはずじゃなかったという思いを残す人も少なくありません。葬儀慣れしている人というのは多くはないはずですし無宗教葬となればなおさらに通常の葬儀とは勝手が違ってきます。基本料金のほかに、どんなものにどれだけかかるかなど分かりやすく説明してくれて納得できるように具体的に話して欲しいものです。

そして先述しましたとおり、無宗教葬への慣れというのは大きなポイントでしょう。さまざまなケースを心得ている業者でしたら言いづらいわがままも話してみることもできます。可能な限り協力してくれる業者を見つけて、後悔を残さない葬儀にしたいものです。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar